Loading

2. 美しさを、最大限に引き出せる薬剤と使い方

お客様一人一人の持つ美しさを最大限に引き出すためには、髪やお肌の「素材の美しさ」が欠かせません。

そのため、お店で使う薬剤には大変気を使ってきました。パーマ液やカラー剤はもちろん、トリートメント剤やお客様が普段使われている商品に至るまで、どうすればその人も持つ美しさを最大限引きだせるか、日々理想を追い求めて続けています。

当時は今ほどあらゆる薬剤は発達していませんでしたから、キレイなスタイルを造ろうと思っても、パーマで髪が傷む方も多くいらっしゃいました。

私たちの創始者たちはそのことに大変心を痛めて、自分たちであらゆる情報を集め、薬剤の勉強をしていました。

それは、どんな薬剤なら良いのかというだけではなく、パーマはなぜかかるのか、どうやってかかるのかという基本的な部分から、成分の詳しい効果効能まで勉強していました。

また、同時にスタッフに手荒れが起こるようになり、お客様がキレイになるためにはスタッフの美しさも大切だという想いから、シャンプーを自分たちで開発していたりもしました。

そして、薬剤の成分的な部分だけではなく、使い方でも結果が変わってしまうという経験から、「薬剤をどのように使うと傷まなくなるか」など、一人一人に合わせた効果的な使い方を見つけるために、様々な実験や検証を繰り返していました。

それは、キレイな髪の素材があって初めて、キレイなカットが生きるという想いがあったからです。

逆を言うと、どんなにキレイにカットしても、髪の素材がキレイじゃないとその人の持つ美しさを最大限に引き出せないという想いがあったからなのです。

この想いは今でも同じで、お客様一人一人が持つ美しさを最大限引きだせるよう、薬剤、メニュー、商品だけではなく、お客様が家に帰られてから自分でお手入れされる方法に至るまで、お客様の気持ちに寄り添い、一緒にお客様だけの理想が叶うように追い求め続けています。

「3.美しさを保つための健康への想い」へ

「1.心から満足される形・スタイルを造る技術」へ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。